婦人科について

婦人科診療、検診、疾患

< 婦人科診療 >

 
●子宮癌検診 (横浜市のクーポンをお持ちの方は無料です)
1~2年に一度の子宮頚がん検診が、理想的です。
超音波検査も併用し、子宮と卵巣の婦人科検診を受けましょう。
 
●思春期の相談
 
●月経のトラブル(月経困難症・月経不順)
鎮痛薬ばかりでなく、最近では、ホルモン剤の内服でかなり改善されます。我慢せずに受診してください。
 
●不正出血の心配
長く続くと、貧血の原因にもなります。細胞診を行い、ホルモン剤で止血しましょう。
 
●子宮筋腫の心配
過多月経、月経痛の強い方は、心配です。
超音波検査により、筋腫の有無を検索します。子宮筋腫は、多くの場合、貧血を合併しています。
 
●子宮内膜症
強い月経困難症を伴います。
超音波検査と血液検査で診断します。ホルモン療法が必要です。
 
●不妊相談
基礎体温表をお持ちください。
長期間不妊に悩まれている方は、専門医を紹介いたします。
 
●おりもの・かゆみが気になる
おりものの細菌検査を行い、治療すると治ります。
 
●下腹部が痛い
 
●更年期障害の相談
のぼせ、肩こり、不眠、生理不順等が、代表的な症状です。
 
●排尿のトラブル
膀胱炎、尿漏れ、過活動膀胱など
 
●性病の心配
おりものの検査を受けましょう。
 
●避妊の相談(低用量ピル・リング・緊急避妊薬)
低用量ピル:副作用も少なく、長期間の内服が可能です。
緊急避妊薬:72時間以内に、受診してください。
 
●月経時期の変更(自費診療)
1か月以上前なら、確実です。
前回の生理時期とこれからの予定をお知らせください。
 
●子宮筋腫・卵巣嚢腫の定期的な検診
子宮がん検診と一緒に受けましょう。
 
●子宮脱・子宮下垂の心配
子宮脱ペッサリーで、改善されます。
重症の場合には、手術が必要です。
 
●子宮頚癌ワクチンの接種
必ず、電話予約してください。
 
*診察の結果、他科の疾患が疑える場合・精密検査・入院手術が必要な場合には、地域の専門医・総合病院を紹介いたします。
 


 

 


 

 このページの関連項目

 

婦人科について

 

婦人科検診

 

婦人科の疾患

 
・平日(月〜金) 午前 9:00〜12:00 午後 1:00〜5:00
土曜(午前のみ) 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝日・土曜午後
*初診・再診共に電話で予約できます。
TEL 045-401-9511
*妊婦健診は、予約制です。
*検査結果のみ、お薬のみの場合は、予約の必要はありません。

045-401-9511
クレジットカード対応
お支払いには、各種クレジットカードがご利用いただけます。
(ダイナースは取り扱っておりません)

 
初診用ネット予約
 ※再診の方は検査・指導の都合上、お電話でお願いします。

 
人工中絶手術について
 

 

予防注射、予防接種、乳幼児検診予防注射、予防接種、乳幼児検診

原産科婦人科クリニック お問合せ